top of page
  • American Sports

大混戦!?熾烈なプレイオフ争い

シーズン終盤戦

2022-2023シーズンも残りわずかとなり、各チームプレイオフに向けて日々プレーしています。

チームによってはプレイオフ出場が確定しており、反対にプレイオフ出場ができないことが決まっているチームもあります。

プレイオフ争いというのは例年あることだが、今年は特に激化し混戦状態となっています。

そんな状態に至った要因の1つとしてプレイイン・トーナメントの導入が挙げられると思います。


プレイイン・トーナメント

近年、NBAで問題となっているのがタンクです。

タンクというのは勝率が良くないもしくは再建中のチームが意図的に勝利を目指さないような試合をし、勝率が悪くなることでドラフトの順位をあげようというものです。

そこで導入されたのがプレイイン・トーナメントです。

もともとプレイイン・トーナメントは2020年に新型コロナウイルスが流行り、リーグが一時中断した際に試合数が少ないため、レギュラーシーズン8位のチームと9位のチームがプレイオフ出場をかけて対戦するものでした。

その後、実際に2021年に導入され、8位と9位の対戦ではなく、7位と8位が対戦し、その勝者がプレイオフ進出、9位と10位が対戦しその勝者と7位と8位の敗者と対戦となります。

その勝者がプレイオフ進出となります。

この制度が導入されることにより、リーグ下位にもプレイオフ進出のチャンスが生まれ、シーズン最後まで全力で戦うという課題解決に至りました。


プレイオフ争い

今シーズン、特に激化しているのがウエスタン・カンファレンスです。

特にウエスタン・カンファレンスでは6位から12位までが2ゲーム差と毎日順位が大きく入れ替わるような状態となっています。

イースタン・カンファレンスでは8位~10位のプレイイン内での順位争いが激化しています。

8位と9位だと、2試合中1勝すればプレイオフに出れる8位と2連勝しないとプレイオフに出れない9位だと大きな差があります。


プレイオフを手に入れる

シーズン残り数試合、プレイオフにどのチームが出るか予想もつきません。

終盤に向けて、1戦1戦がとても重要となってきます。

そんな中チームとして団結し、プレイオフを勝ち取るのはどのチームなのか、

見届けていきたいです。



このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。





Comments


bottom of page