top of page
  • American Sports

スーパーボウル優勝はどのチーム?




今年のスーパーボウルは、Eagles対Chiefsに決まりました!


スーパーボウル優勝はどのチーム?

  • 0%Eagles

  • 0%Chiefs


チームデータ



通算成績 507勝430敗12分 勝率.541(1960年-2021年)


スーパーボウル出場 4回/ 第1回(1966年)、第4回(1969年)、第54回(2019年)、第55回(2020年)


スーパーボウル優勝 2回/ 第4回(1969年)、第54回(2019年)


NFLチャンピオン 0回


チーム名の由来 移転によってチーム名を変更することが決まり、新チーム名を公募するコンテストが開催され、チーフスが選出されている。ただ、チーフスという名称が選ばれた背景には、当時のカンザスシティ市長で、ボーイスカウト連盟の重鎮でもあったH.ロー・バートルのニックネームが“ザ・チーフ“であったことが大きく関係していた。当時のジャック・ステッド・ジェネラルマネジャー(GM)は後に「ラマーに最後、”他に選べる名前がない“と話した」と語っている。


過去5シーズンの成績

2021年 12勝5敗(AFC西地区1位)

2020年 14勝2敗(AFC西地区1位)

2019年 12勝4敗(AFC西地区1位)

2018年 12勝4敗(AFC西地区1位)

2017年 10勝6敗(AFC西地区1位)


歴史

チーム創設者は「スーパーボウル」の名付け親

チーフスは1960年、NFLの対抗リーグAFLのオリジナルメンバーの一つとして、弱冠27歳のラマー・ハントがダラス・テキサンズとして創設した。

テキサンズは1962年にはAFLチャンピオンシップを制したが、NFLがAFL対抗のため新規参入を認めて同年に設立されたカウボーイズに人気を奪われ、ビジネス的に低迷する。そのためラマーは移転先を調査、複数の都市と交渉のうえ、好条件を示唆された1963年シーズンからカンザスシティに移転したのだ。

チームのロゴはテキサンズ時代、テキサス州の地図を背景にフットボールとピストルを持ったカウボーイを描いたイラストが使用されていた。カンザスシティに移転後はそれに倣い、中西部の地図を背景にフットボールとトマホークを持って走るネイティブアメリカンのイラストが使用されるようになる一方、ヘルメットのデカルには白い矢印の中に“K”と“C”を組み合わせたマークが使用されるようになった。これはラマーがナプキンに描いたものが元になっており、“K”と“C”の組み合わせは、49ersのロゴにインスパイアされたものである。

ラマーはその後、AFLとNFLの合併交渉でAFL側の主導的立場となり、1966年に合併合意を成功させた。さらにこの年、ラマーはピート・ロゼールNFLコミッショナーへの書簡で、1967年から開始されるAFLとNFLのチャンピオンシップゲームについて「私は冗談で“スーパーボウル”と呼んでいますが、もっとうまい言い方があるかもしれません」と書いている。この発想はラマーの子供達がおもちゃのスーパーボールで遊ぶのを見たことによるものだとされる。この話がマスコミに伝わると“スーパーボウル”の呼び方が使われるようになり、第3回から正式名称が“スーパーボウル”に変更されることとなった。

ラマーはNFLのみならず、広くアメリカスポーツ界の発展に貢献したことでも知られる。1967年にはプロサッカー、北米サッカーリーグ(NASL)と所属チーム、ダラス・トルネードの運営に参加。その後、サッカーではMLSでコロンバス・クルーなど3チームのオーナーを務めた。テニスは男子プロ世界ツアーの共同創設者を務め、さらにプロバスケットボールNBAのシカゴ・ベアーズの創設時に投資し、少数オーナーであり続けた。

こうした数々の功績もあってラマーは1972年にプロフットボールの殿堂入りを果たしただけでなく、AFCチャンピオンシップ優勝トロフィーにはラマー・ハントの名が付けられている。またサッカーでも殿堂入りし、彼の名がつけられた全米規模の大会が毎年開催されている。テニスでも国際テニスの殿堂入りをしているほどだ。

そのラマーは2006年12月に前立腺がんで死去。以降、チーフスの株はハント家が所有しており、ラマーの息子クラークが会長兼CEOを務めている。


レギュラーシーズン通算成績 599勝627敗27分 勝率.489(1933年-2021年)


スーパーボウル出場 3回 第15回(1980年)、第39回(2004年)、第52回(2016年)


スーパーボウル優勝 1回 第52回(2016年)


NFLチャンピオン 3回/1948、1949、1960年


チーム名の由来 チーム名のイーグルス(ワシ)は、チームが創立された1933年当時の時代背景に関連がある。

現在のイーグルスは1931年に財政破綻したフランクフォード・イエロージャケッツが有していたペンシルバニア州フィラデルフィアのフランチャイズ権をラド・レイと後に初代GMに就任するバート・ベルが2,500ドルで購入し、1933年に設立された。

当時、大恐慌に揺れていたアメリカは、その景気回復策としてニューディール政策を実施。そのシンボルとなっていたのがワシだった。当時のオーナーであったバート・ベルは、自分のチームも新たな時代へと向かっていって欲しいとの願いからイーグルスをチーム名に選んだ。


過去5シーズンの成績

2021年 9勝8敗(NFC東地区2位)

2020年 4勝11敗1分(NFC東地区4位)

2019年 9勝7敗(NFC東地区1位)

2018年 9勝7敗(NFC東地区2位)

2017年 13勝3敗(NFC東地区1位)


歴史

チーム名の由来はニューディール政策のシンボル“ブルーイーグル”

現在のオーナー、ジェフリー・ルーリーは社会政策の博士号を持つ。1983年に祖父が設立した大手映画会社に就職、後にハリウッドで成功を収めた。ボストン生まれのルーリーはボストンを拠点とするプロチームの熱心なファンだったことでも知られる。1960年以来、ペイトリオッツのシーズンチケットホルダーでもあった。こうしたこともあって1993年にペイトリオッツの買収を試みるもこれは実現せず。その後、ラムズやボルティモアでのエキスパンションに関してその名が出るも立ち消えとなった。そして1994年、ルーリーとその母などによるグループは1億9,500万ドルで前オーナーのノーマン・ブラマンからイーグルスの買収に成功し、念願のNFLチームオーナーとなったのである。


このウェブサイトは株式会社WASABIZによって運営されています。無断複製、転載を禁止します。


Comments


bottom of page